役員

役員プロファイル

名誉会長

名誉会長 榊原 定征

榊原 定征
学歴
1965年3月 名古屋大学工学部応用化学科卒
1967年3月 名古屋大学大学院工学研究科修士課程(応用化学専攻)修了
2010年 米国 ロードアイランド大学 名誉博士
2013年 イタリア共和国 ペルージャ大学 名誉学位

職歴
1967年4月 東洋レーヨン(現東レ)入社 中央研究所勤務
1996年6月 取締役、経営企画室長
2001年6月 代表取締役副社長
2002年6月 代表取締役社長
2010年6月 代表取締役会長
2014年6月 取締役会長
2015年6月 相談役最高顧問
2017年6月 相談役
2018年6月 特別顧問

主な社外団体役職歴
2004年4月- 2014年3月 名古屋大学経営協議会 委員
2005年6月- 2007年6月 炭素繊維協会 会長
2005年7月- 2006年6月 日本化学繊維協会 会長
2006年9月- 2007年3月 中央大学大学院総合政策研究科客員教授
2007年5月- 2011年5月 日本経済団体連合会 副会長, 日本経済団体連合会 産業技術委員会委員長
2008年1月- 2010年1月 総合科学技術会議 議員
2008年4月- 2012年3月 東京大学 アドバイザリー・ボード・ミーティング メンバー
2009年4月- ANA ホールディングス株式会社 経営諮問委員会 委員
2010年6月- 2014年6月 株式会社商船三井 取締役
2010年6月- 2015年6月 日・タイ経済協力協会(JTECS)会長
2011年2月- 2012年2月 EU・ジャパンフェスト日本委員会第19回実行委員長
2011年4月- 2013年4月 産業競争力懇談会(COCN)代表幹事
2011年6月- 2014年6月 日中経済協会 副会長・理事
2011年7月- 2015年6月 日・EUビジネス・ラウンドテーブル プリンシパル
2011年7月- 2013年4月 経産省 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会委員
2012年4月- 日本科学技術振興財団(JSF)理事長・代表理事
2012年6月- 日本電信電話株式会社 取締役
2013年1月- 2014年9月 産業競争力会議 議員
2013年6月- 2018年6月 株式会社日立製作所 取締役
2014年5月- 2016年5月 日本化学会 会長
2014年6月- 2018年5月 日本経済団体連合会 会長
2014年6月- 2018年5月 経済産業省 産業構造審議会 会長
2014年9月- 2018年7月 経済財政諮問会議 議員
2015年10月- 2018年6月 一億総活躍国民会議 議員
2015年10月- 2016年9月 未来投資に向けた官民対話 構成員
2016年9月- 未来投資会議 議員
2017年3月- 2025日本万国博覧会誘致委員会 会長
2017年4月- 財政制度等審議会 会長
2018年5月- 日本経済団体連合会 名誉会長

受章歴
2008年 マレーシア国ペナン州「ダルジャー・スティア・パンクアン・ヌグリ勲章」(称号:ダトー)
2009年 日仏投資賞
2010年 大韓民国勲章「金塔産業勲章」
2011年 毎日経済人賞
2012年 フランス共和国 レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ
2012年 ハーバード・ビジネス・スクール・オブ・ジャパン「ビジネス・ステーツマン・オブ・ザ・イヤー」
2012年 エストニア共和国 第3位テラ・マリアナ十字勲章
2013年 イタリア共和国 功労勲章グランデ・ウフィッチャーレ
2015年 ブラジル連邦共和国 南十字星国家勲章

代表取締役社長

代表取締役社長 酒井 功

酒井 功
東京大学法学部卒業。ペンシルヴェニア大学ウォートン校MBA・MA。
住友電気工業、ユニデン、アップル・コンピューターを経て、1997年エゴン・ゼンダー・インターナショナル入社。パートナー就任。2008年7月株式会社プロネッド設立。代表取締役就任。

アドバイザリー・ボードメンバー

原田 裕司氏

会長 原田 裕司氏
1974年九州大学経済学部卒業後、株式会社住友銀行入行。 サンフランシスコ支店長、米州本部米州総括部長、香港支店長を歴任後、 2002-2004年株式会社三井住友銀行・執行役員国際統括部長、2004-08年株式会社日本総合研究所・取締役専務執行役員 (コンサルティング部門、シンクタンク部門、海外システム部門担当)、2008-2017年マツダ株式会社・取締役専務執行役員 (財務、グローバル広報、CSR・環境、法人営業を統括)を歴任。米国・欧州・香港等、6ヶ国で約20年の海外駐在。 2017年6月より日本ケミファ株式会社社外取締役。

※氏名昇順

國廣正氏

國廣 正氏
東京大学法学部卒業。弁護士・国広総合法律事務所パートナー。
専門分野は、危機管理、企業のリスク管理体制構築(コンプライアンス・コーポレートガバナンス・内部統制)、会社法、金融商品取引法、独占禁止法など。多くの大型訴訟(取締役責任追及訴訟、株主代表訴訟など)、重大企業不祥事の危機管理(広報対応も含む)、第三者委員会調査などを手がける。現在、東京海上日動火災保険㈱社外取締役、三菱商事㈱社外監査役、LINE(株)社外取締役、内閣府顧問(法令遵守対応室法令顧問)、消費者庁顧問(法令遵守調査室法令顧問)。『修羅場の経営責任 今、明かされる「山一・長銀破綻」の真実』(文春新書)他著書多数。

谷川紀彦氏

谷川 紀彦氏
1968年東京大学経済学部卒業後、株式会社富士銀行入行。1993年邦銀初のM&A専門会社、富士ウルフェンソーン社(米国ニューヨーク市) 取締役副社長に就任。1998年ルイジアナ州立大学E.J.Ourso経営大学院(米国 ルイジアナ州バトンルージュ市)非常勤講師。2002年日本精工株式会社入社、執行役員常務コンプライアンス本部長兼コーポレート経営本部副本部長、事業企画部長を歴任。2006年中外商事株式会社取締役社長就任。2007年エーザイ株式会社取締役・社外取締役 独立委員に就任、2008年-2011年同社取締役会議長を務める。 2012年、谷川アソシエイツ代表に就任。

ディヴィッド・トロップ氏

ディヴィッド・トロップ氏
1984年にハーバード大学にてAB学位(数学部)を取得した後、1990年にはウォートンスクール・ローダーインスティテュートにて東アジア、中国語を専攻し、MBAおよびMAの学位を取得。その後、1990年にシティバンク、2005年にUBSへ入社。その間、ニューヨーク、ロンドン、香港、東京においてバンキングキャリアを深め、とりわけ日本および香港においては14年もの駐在経験を持つ。コーポレートファイナンスおよびM&Aを中心に、企画や監査での経験を豊富に有する。また、米国ボストンではテクノロジー企業での勤務経験も持つ。

平野正雄氏

平野 正雄氏
東京大学大学院工学系修士了/スタンフォード大学大学院工学系修士了
工学博士(東京大学)。1987年から20年間にわたり、マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務。 経営コンサルタントとして、テレコム、製造、金融、医薬品、運輸輸送、消費財など、 幅広い産業分野でのプロジェクトに参画。 この間、1993年にパートナー、1998年にはディレクターに就任。 1998年から2006年までマッキンゼー日本支社長。2007年11月にカーライル・グループ日本共同代表。 日本企業に対するプライベート・エクイティ投資に参画。製造業からサービス業まで幅広い企業のMBOの実行支援を行い、 コーポレートガバナンスの強化・企業価値向上に貢献。2012年4月より早稲田大学ビジネススクール教授。

フィリップ・モニエー氏

フィリップ・モニエー氏
Philippe D. Monnier grew up in Japan, Mexico and Switzerland. His studies include Civil Engineering (ITESM/Mexico), MBA (Wharton) and Intellectual Property Strategy (Harvard). He is currently engaged for several organizations as board member, management consultant, university lecturer, book author and business journalist. His language abilities encompass six European languages and Japanese. Previous positions include Executive Director at Greater Geneva Berne area, SVP at Schindler Management Ltd., Managing Director at Schindler Lifts (Singapore) Pte Ltd., Management Consultant at McKinsey & Co.