エグゼクティブ・サーチ、社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介

セミナー

第5回リスクマネージメントセミナー

第5回は「神話か現実か?――ITの進化とそれを取り巻く増大するリスクの脅威とその対応策」というテーマで開催させて頂きます。

ここ数年のITに関連する技術革新は実に目覚しく、旧来のビジネススタイルを根底から覆すとともに、効率化とビジネスチャンスの増大に多大な貢献を果たしてきました。しかしこの進化の一方で、これを取り巻くリスクはこれまでとは比較にならないほどに変貌し、この恩恵を受けるユーザーたる企業や個々人は常に大きな目に見えない脅威にさらされてきています。サイバー攻撃や操作誤りなどによる情報漏洩・サービスの中断停止・人権侵害・情報管理違反などは、企業にとって、時として大変大きな損失を伴い、営々として築き上げた企業の名声やブランドそのものに重大な影響を与えかねない問題となっております。

今回はこの分野で大変ご活躍の5組の専門家をお招きし、

・ハッキングの現状と傾向・対応策
・IT通信を取り巻く法規制と環境
・事故発生後の損害額の予想と数量化
・事故発生後の損害軽減策――ブランドやレピュテーションを守る観点から
・リスク移転方法

につきご議論いただくことに致しました。

 

日時 2013年11月27日(水) 13:30~17:00 (13:00~受付開始)
場所 グランド ハイアット 東京 2階 Room【CORIANDER】
東京都港区六本木6-10-3
13:30 開会のご挨拶
13:30- 「サイバー攻撃の現状と傾向・対応策」
トレンドマイクロ株式会社
サイバー攻撃レスポンスチーム 課長
飯田 朝洋 氏
14:00- 「IT通信を取り巻く法規制と環境」
TMI総合法律事務所
弁護士・ニューヨーク州弁護士
五十嵐 敦 氏
14:30- 「事故発生後の損害額の予想と数量化」
クロフォード・アンド・カンパニー
グローバル・マーケッツ エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント
マイケル・リーブス 氏
ファイナンシャル・アンド・フォレンジック・アカウンタント
アジア・オペレーションズ・マネージャー
スコット・レイチェル 氏
※通訳付
15:00- 休憩(コーヒーブレイク)
2階 Room 【CORIANDER / BASIL】
15:30- 「ネットリスク対策と事故発生後の損害軽減策-ブランドを守る観点から」
株式会社電通
iPR局クライシスコミュニケーション部
松本 太 氏
16:00- 「リスク移転の方法」
JLTスペシャルティ・リミテッド
グローバル・コミュニケーションズ・メディア・アンド・テクノロジープラクティス パートナー兼CEO
ピーター・ハッカー氏
チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミティッド日本支店
アリアンツ火災海上保険株式会社
※通訳付
17:00 閉会のご挨拶
講師 飯田 朝洋 氏
トレンドマイクロ株式会社
エンタープライズビジネス統括本部 ソリューション事業本部 ソリューションSE部
サイバー攻撃レスポンスチーム 課長
講師略歴 2004年 システムインテグレータでシステム構築や運用保守に携わった後、 トレンドマイクロ株式会社に入社。企業向けの有償サポートや感染被害発生時のインシデント・オペレーション担当。
2007年 不正プログラムの収集や脅威傾向を分析するThreat Monitoring Centerに異動。不正プログラムの収集・傾向分析を担当。
2009年 Threat Monitoring Center課長。セキュリティTips for Today 連載(ITmedia Inc.)。内閣官房情報セキュリティセンター リスク要件リファレンスモデル作業部会構成員。
2010年 IPA 「新しいタイプの攻撃」の対策に向けた設計・運用ガイド 執筆協力
2013年 現職
講師 五十嵐 敦 氏
TMI総合法律事務所
弁護士・ニューヨーク州弁護士
講師略歴 1991年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1993年 最高裁判所司法研修所入所
1995年 東京弁護士会登録 TMI総合法律事務所勤務
2001年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール卒業(LL.M.)
2002年 ニューヨーク州弁護士資格取得
2002年 TMI総合法律事務所復帰
2003年 中央大学法学部兼任講師(~2007年3月)
講師 松本 太 氏
株式会社電通
iPR局クライシスコミュニケーション部 部長
講師略歴 1991年 慶應義塾大学理工学部卒業、山一証券(株)に入社。 IRプランナー、アナリストとして顧客向けIRサポート業務などに従事。
1997年 山一証券自主廃業の経験より危機管理広報の重要性を再認識。その後、京セラ(株)に入社。 商品マーケティング・広報業務の他、京セラミタ(当時:現 京セラドキュメントソリューションズ(株))の再生プロジェクト等への参画等を通じ、危機管理対応コンサルティングに対する専門性を深める。
2001年 電通入社。 危機管理広報コンサルティングに携わる一方、官公庁、民間企業、各種団体での講演多数。
2005年 『コーポレート・レピュテ-ション』(東洋経済新報社刊)出版。
講師 ピーター・ハッカー 氏
JLTスペシャルティ・リミテッド
グローバル・コミュニケーションズ・メディア・アンド・テクノロジープラクティス
パートナー兼CEO
講師略歴 1987年 チューリッヒ保険 プロパティ&カジュアルティ インターナショナル・ビジネス アソシエイト・ディレクター
1996年 スイス・リー テレコム・メディア&テクノロジー・プラクティス・グループ アソシエイト・ディレクター
1999年 同上 ディレクター
2002年 現職
講師 マイケル・リーブス 氏
クロフォード・アンド・カンパニー
グローバル・マーケッツ エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント
講師略歴 担当職務:事業開発及び全事業部門商品を対象としたクロス・セリング並びにグローバル・テクニカルサービス及び複合的巨額クレーム案件責任者

1976年 University of Wales卒業後保険会社勤務を経てトーマス・ハウウェル・グループ入社。初の海外案件として、1980年にジャマイカのハリケーンに係わるクレームを担当。
1982年 クロフォード・アンド・カンパニー入社。THGマレーシアのマネージング・ディレクターをつとめた後、スウェーデン、ノルウェー及びデンマークにおける事業立上げに携る。その後、クロフォード・グループのマーケティング・ディレクター、ヨーロッパ最高責任者、グローバル・リスク及び事業開発マネージング・ディレクター、英国オペレーションのシニア・ヴァイス・プレジデント、英国グローバル・リスク及びテクニカル・サービスのリージョナル・マネージング・ディレクター等を歴任。
講師 スコット・レイチェル 氏
クロフォード・アンド・カンパニー
ファイナンシャル・アンド・フォレンジック・アカウンタント
アジア・オペレーションズ・マネージャー
講師略歴 担当職務:金融リスク保険(利益保険、株式保険、身元保証保険及び製造物リコール保険含む)

1995年 シドニーにおける主要会計事務所にて、7年間金融監査の経験を積む。
2002年 保険に関連するフォレンジク分野(insurance forensic accounting)を担当、8年間の経験を積む。
2010年 クロフォード・アンド・カンパニー入社。
これまで携ってきた主要案件として、アジア地域をまたがる巨額な利益保険案件(2011年タイ洪水の際には200案件以上を担当)、機械保険案件、偶発的または悪意による異物混入事故案件等がある。