エグゼクティブ・サーチ、社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介

HR塾(ヒューマンリソース)

第4回プロネッドHR塾「社員の意識改革をサポートする人事部の役割」

近年の激しく変化する経済状況、とりわけリーマンショック以降の経済危機の中で、企業も社員も意識を変革し続けることが強く求められています。GLEDIS(経営コンサルティング・エグゼクティブコーチング・リーダー育成研修)代表、杉井要一郎氏を講師としてお迎えし、その意識改革を促進してゆくために人事部門には何ができ、何を提案するべきかについて、ご参加の皆様方のご経験をお聞きしながらご一緒にディスカッションさせていただきます。

 
日時 2009年5月18日(月)14:30~16:30
場所 東京国際フォーラム 会議室
演題 「社員の意識改革をサポートする人事部の役割」
-この激しく変化する経済状況の中で、社員も会社も意識を変革し続けることが求められる。そのために人事部がどのような提案が出来るか。
講師 杉井 要一郎 氏
グレーディス
グローバルビジネスコンサルティング代表
講師略歴 1965年 青山学院大学法学部卒業
カナダ赤井電機 ディレクター
株式会社テクノインフィニタス、バーンジャパン株式会社、アルテミスインターナショナル株式会社、ポータルソフトウエアジャパン株式会社の代表取締役社長を歴任。現在株式会社プロネッドのアドバイザリーボードメンバー。日本人で初めてエクゼクティブコーチング協会(米ICC)の認定コーチの資格を取得