エグゼクティブ・サーチ、社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介

HR塾(ヒューマンリソース)

第8回プロネッドHR塾「外資 vs 内資 本当は何が違うのか?」(仮題)

大塚製薬株式会社 人事部 組織活性化担当部長 源昇氏を講師としてお迎えし「外資 vs. 内資 本当は何が違うのか?」というテーマでお話をしていただきます。外資系企業における長年のHRディレクターとしての実績をかわれて日本企業の人事部門幹部として招聘された経験をもとに、日本企業の人事というのは外資系HR ディレクターにとって魅力的なキャリアオポチュニティーか、外資系から日本企業の人事に転職して驚いたこと・感心したこと、外資系から日本企業の人事に転職して成功するためのアドバイス等についてお話をしていただきます。

 
日時 2010年1月27日(水)13:30~15:30
場所 東京国際フォーラム 会議室 G405
演題 「外資 vs 内資 本当は何が違うのか?」
講師 源 昇(ミナモト・ノボル)氏
大塚製薬
人事部 組織活性化担当 部長
講師略歴 1976年 上智大学 国際学部卒業
1978年 シカゴ大学 ビジネススクール MBA取得

1978年 プロクター・アンド・ギャンブル社に大阪で入社、14年間マーケティングに携わる。その間、P&Gカナダにも2年転勤経験あり。1992年に人事部に移籍し、1995年にはシンシナティ本社にて半年間の組織診断トレーニングに抜擢される。2000年ディアジオ(当時Guinness-United Distillers & Vintners)にて香港をベースにアジア・パシフィックのHRディレクターを務める。2001年フィリップ・モリス社にて東京で人事の部長を務める。2006年大塚製薬の人事部にて現在にいたる。