エグゼクティブ・サーチ、社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介

HR塾(ヒューマンリソース)

第17回プロネッドHR塾

人と組織の絆がいまほど弱まっている時代はないのではないでしょうか。
そのために多くの企業では若手に元気がなく、閉塞感に苦しみ仕事にいま一つ乗り切れない「塩漬け社員」や、会社をできるだけ利用しようとする「ただ乗り社員」が増え、メンタルの問題やコンプライアンスの問題にまで影響が出ています。
また、職務環境がグローバル化する中で、「存在感のない日本人」がお荷物視され、軽視・無視されることも起きています。
日本人が気骨を持ち、希望と覇気に満ちて働けるようになるには、どうすればよいのでしょう?
その一つのカギが、エンゲージメントにあると思われます。

第17回HR塾では、多摩大学大学院(MBAコース)で「モチベーションとエンゲージメント」を教え、「社員が惚れる会社のつくり方 ~エンゲージメント経営のすすめ~」という著書もある舞田竜宣氏を講師にお迎えし、エンゲージメントとは何かという基本的かつ根源的なテーマから、どうしたらそれが強められるのかという具体的方策までを考えます。

 
日時 2011年7月26日(火) 15:00~17:00
場所 東京国際フォーラム 会議室 G405
演題 エンゲージメント ~「絆(きずな)」の経営 ~
講師 舞田 竜宣 (まいた たつのぶ) 氏
株式会社シグマクシス プリンシパル
多摩大学大学院 客員教授
日本人材マネジメント協会(JSHRM)幹事
略歴 東京大学経済学部卒。マーサー社プリンシパル、ヒューイット・アソシエイツ(現エーオン・ヒューイット)日本法人社長などを経て現職。
主な著書に、「社員が惚れる会社のつくり方」「行動分析学マネジメント」「10年後の人事」などがある。労政時報や人事実務、月刊人事マネジメントなど専門誌への寄稿も多数。