エグゼクティブ・サーチ、社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介

GBL(Global Business Leader) Forum

第3回GBLフォーラム「グローバル企業を経営する ~日本企業が目指すべきグロ-バル経営のあり方とは~

第3回GBLフォーラムでは、ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社代表取締役副社長、井原 勝美氏をお迎えします。

2001年10月、ソニーとエリクソンは、折半出資で合弁会社「ソニー・エリクソン・モバイル・コミュニケーションズ」を設立しました。新会社の社長にはソニーの井原勝美 執行役員上席常務が就任、本社機能を英国・ロンドンに置き、ソニーからは1,000人、エリクソンからは2,500人が参加し、全世界規模で携帯端末事業を統合することとなりました。携帯電話機の国内シェア5位のソニーと、2000年に携帯端末部門が162億クローネ(約1,990億円)の赤字を出したエリクソンとの合弁会社の経営は困難が予想されましたが、2003年度(1-12月)には、ソニー・エリクソンは売上を大幅に拡大させ、見事に黒字転換を達成しました。井原様には、ソニー・エリクソンのCEOとして、グルーバル企業の経営再建を実現した御経験に基づき、日本企業が今後目指すべきグローバル経営のあり方について講演をしていただきます。

 
日時 2010年2月18日(木)15:00~17:00
場所 東京国際フォーラム 会議室 G402
演題 「グローバル企業を経営する ~日本企業が目指すべきグロ-バル経営のあり方とは~」
講師 井原 勝美 氏
ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社
代表取締役副社長
講師略歴 1981年ソニー株式会社入社。ソニー総合企画室勤務を経て、1985年よりソニー・ヨーロッパ設立のためドイツに赴任。その後、テレビ、ビデオ、オーディオのビジネスに従事、1996年ホームAVカンパニー プレジデント。1999年からは携帯電話のビジネス担当。2000年に、バイオ、カムコーダー、デジタルカメラの担当も加わる。2001年10月、スウェーデンのエリクソン社との間で設立した携帯電話の合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 社長に就任。2004年ソニーに戻り、執行役 副社長 兼 グループCSO&CFOに就任。2005年4月よりホームエレクトロニクスネットワークカンパニー NCプレジデント。同年6月取締役 代表執行役 副社長。2006年10月コンスーマープロダクツグループ担当。2009年6月、ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社 代表取締役副社長に就任、現在に至る。