エグゼクティブ・サーチ、社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介

リサーチ

2013年 社外取締役・社外監査役白書


弊社では、毎年6月開催の株主総会の結果を受けて、東証に上場している企業のコーポレート・ガバナンスの進捗状況に関する調査・集計を行っております。

数年来、社外取締役・独立取締役の選任が大きな話題になりましたが、社外取締役・独立取締役の選任は着実に進んでいる状況です。他方、取締役会のスリム化、女性社外役員の選任については少しずつ進展しているような様子がうかがわれます。

また議決権の行使に関しましては、社外役員の独立性、出席率についてより厳しい目が注がれる傾向がはっきりしてきております。

調査内容のハイライトは下記の通りとなります。

 
  • 取締役の一社平均の人数は8.03人。
  • 取締役数21名以上の会社は7社。最多は27名。
  • 社外取締役を選任している会社は、東証上場会社の60.9%。
  • 独立取締役を選任している会社は、東証上場会社の41.4%。
  • 社外取締役は一社平均1.10人、独立取締役は一社平均0.65人。
  • 独立役員の一社平均2.24名(うち0.64名が取締役、1.58名は監査役)。
  • 委員会設置会社は49社。(東証上場会社のうち2.1%)
  • 社外取締役が取締役会の過半数の会社は60社。半数の会社は43社。
  • 79%の会社では取締役会議長は社長、20%では会長がつとめる。
  • 女性の社外役員は263名。全社外役員の3.2%。
  • 女性の社外役員を選任している会社は239社。東証上場会社の10.4%。
  • 外国人の社外役員は89名。全社外役員の1.08% 。
  • 外国人を独立社外役員に選任している企業は25社。東証上場会社の1.1%。
  • 社外取締役の38.4%は上場会社役員以上経験者 。
  • 社外監査役の43.9%は弁護士・会計士・税理士 。
  • 金融機関出身者は、社外取締役の19.7%、社外監査役の24.4%。
  • 社外取締役の平均在任期間は4.0年、社外監査役では5.6年。
  • 社外監査役の12.6%は在任期間10年以上。
  • 株式を保有している社外取締役は40.6%、社外監査役では41.3%。
 

ご興味のある方は、お問い合わせフォーム にてお問い合わせください。