株式会社プロネッド Proned

プロネッドとは

創業の経緯

株式会社プロネッドは、コーポレート・ガバナンス及びエグゼクティブ・サーチのコンサルティングの会社として2008年に設立いたしました。
Promotion of Non Executive Director=ProNed」は、もともと1982年にイギリスにおいて、キャドベリーレポートを作成したエイドリアン・キャドベリー氏(Sir Adrian Cadbury)らを発起人としてイングランド銀行を中心に設立された公的な機関です。社外取締役の育成や選任に関するアドバイス、社外取締役の紹介等、イギリスのコーポレート・ガバナンスに関する発展に貢献し、その後、1994年に欧州の人材コンサルティング会社に買収されました。
そこで、当社では、イギリスの「ProNed」にならい、日本企業のコーポレート・ガバナンスの更なる発展及び企業価値の向上に貢献すべく「株式会社プロネッド」(ProNed)と命名いたしました。

ロゴ・マークの由来

弊社のシンボルであるロゴ・マークは、船の舵を現した「羅針盤」をイメージして制作いたしました。
弊社の事業内容の中核は、コーポレート・ガバナンス(Corporate Governance)に関するコンサルティングですが、この言葉には、「企業統治」「会社運営」「会社支配」などのさまざまな訳語があります。
そもそも「ガバナンス」の意味は、ラテン語の“gubernare”(グーベルナーレ)が語源で、英語の“steer”つまり舵を取る、方向を示すという意味と同じです。
イギリスのキャドべリー委員会の報告書にも、「指導する人物は船尾に静かに座して、めったに身動きしない。ガバナンスは高圧的なものである必要はないし、又、そうあるべきではない。統治者は企業という船の舵を最小限に操作して、針路から外れないように保つことができなければならない」というコメントがあります。

当社は、イギリスのキャドベリー氏とも縁の深い「ProNed」にならい、創業をいたしました。そこで、その意思を引き継ぎ、クライアント企業様を成功に導くために、経営の正しい方向性を指し示し、「経営の舵取り」の羅針盤の役目を果たしたいと考えております。そして、クライアント企業様が自ら羅針盤を構築できるよう、お役に立てることを心からの喜びとしております。